Top Category Archive All title Search RSS Admin
Profile

Bobo James

Author:Bobo James

Mobile Photos
Link
Latest Article
Category
Monthly Archives
M o n t h A r c h i v e
前の月(01月)2010年02月のアーカイブ次の月(03月)


  • DISCO - No233 at 2010年02月28日  (Sun)  22:07:30  [Release]
    かなりドオモロな凄まじいディスコ本が出た。値段は3,000円ちょっとするので高いが、間違いなく価値は有る。まだ読んでないが、だいたい内容は73辺りのディスコっぽいのが始まった話から、ディスコが死にだした78辺りの約5年間のディスコを取り巻く全ての話。当時の様々なクラブのDJ達のチャートや、貴重な写真が乗っている。今で言うクラブな、昔のディスコを知りたい奴には喉から手が出るような本だ。ちなみにDanny KrivitもFant...
    ... ⇒全文

  • KAMATA - No232 at 2010年02月27日  (Sat)  12:11:30  [Days]
    ちょっとした用事があって久しぶりに蒲田に行って来た。とっとと用事を済まして10代の頃バイトしてた東口に向かった。かなり歩き回った。京浜の向こうまで20年ぶりに。思った通りかなり変わっちまっていた。当時、俺は観光目的で1カ月の予定で帰国していた。高校時代の友人の吉祥寺にあったアパートに居候しながら、週5で蒲田にバイトにいっていた。しかし日本で好きな女が出来て1ヶ月の滞在が、一年になってしまっていた…貧乏だっ...
    ... ⇒全文

  • メタル倶楽部情報 - No231 at 2010年02月20日  (Sat)  18:04:37  [Party]
    BBJ.D.Cのコンドウくんから長らく連絡がなかったメタルクラブの情報が送られて来た。開催日は2/20(土)らしい。場所はDJロジャーの渋谷にある店「ターンテーブルラボ」らしい。基本的には三宿のメタルバー「ブラックモア」を知ってれば、ゆるりとカジュアルなあのノリな感じでミニパーティになるようだ。。かなり仕切りも低くアットホームな感じになりそうだ。メタル、ハードロックもヒップホップ位好き者はこっそり来れば楽しめ...
    ... ⇒全文

  • 身分相応な気分=みんなイーブン - No230 at 2010年02月20日  (Sat)  18:00:17  [Days]
    今日は久々に眼科に行ってきた。病院の患者さんを見てて想った。数日前目の軽い霞みを感じて、手帳を振り返って見たら一年近くほったらかしていたことに気付いた。そんな訳で不安な気持ちで朝っぱらから、長い待ちを我慢しながら検診してきた。いろんな感じの人がいた。俺はただなんとなく目が霞んだから、視力が落ちたか?なんてノンキな気持ちで待ってた訳だったんだが、回りは結構シビアに眼帯を付けて待っている人や、真剣な表...
    ... ⇒全文

  • 2009年の今人 - No229 at 2010年02月20日  (Sat)  17:55:13  [Days]
    年末に沼津漁港にある『魚河岸しぶき』に新鮮な海鮮物を食べに行ってきた。熱海まで行く新幹線の自由席は、年末ってのもあってずっと満席120%って感じだった。ギュウギュウに詰め込まれた状態でふと前方で立ってる客の女を見たら、なんと車両の真ん中の通路ほぼ中央の9番あたりで、たるそうに堂々と立ちながら弁当を食っていた。今時の女は恥じらいとか、マナーとか考えないのかな?と思った。驚いたがとりあえず俺に迷惑な感じで...
    ... ⇒全文

  • 生きた音を奏でる生のサムライ達 - No228 at 2010年02月08日  (Mon)  21:42:17  [Music Life]
    昨日はP-Vineのハードディガーなマイメンに誘われて渋谷のファミリーで良いものを見て来た。(最初に彼らの存在を知らされたのはこのホームページを作ってくれた無策だった。俺はそれからずっと彼らのファンだ。)若いPowerと自信に満ち溢れた若者たちの、フレッシュな躍動感を同じ空間で共有してきた。たぶんあれはもし俺らが70年代にいて当時のファンクのグループのライブを見たら、同じ感覚を感じたんだと思う。この時代では想...
    ... ⇒全文

  • アナログ - No227 at 2010年02月07日  (Sun)  16:04:52  [Music Life]
    昨年の年末渋谷の輸入盤の店でレイのヌウ~シエッを買いに行ったら“アナログは出る予定は無いみたいですね。”と言われて、ずいぶんクソな時代になっちまったなって嘆いていた…そんな感じですっかり忘れていたら今日吉祥寺UNIONにレイの探していたアルバムのアナログがあった!!即ゲット間違い無い。やつぱりどうせ買うならデカいジャケットのアナログで欲しいわけだ。誰でも知ってるとは思うが、もし知らないビギナーがいたら、レ...
    ... ⇒全文

  • コノヤロ~って言い合う - No226 at 2010年02月07日  (Sun)  15:57:46  [Music Life]
    昨日は挨拶がわりにいっもコノヤロ~と言い合う、リトルジェントルマンくぼたタケシと、新しく始めるイベントのミーティングを渋谷不二家でやっていた。フォーティーズになった2人だから出来る、又やる意味があるイベントにする予定だ。たぶん4月から2ヶ月おきにって感じだな。今年は俺もクボタケもミックスを多く出してくから…ユノウ?って...
    ... ⇒全文
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20100228]
100228_1732~0001

かなりドオモロな凄まじいディスコ本が出た。
値段は3,000円ちょっとするので高いが、
間違いなく価値は有る。

まだ読んでないが、だいたい内容は73辺りの
ディスコっぽいのが始まった話から、
ディスコが死にだした78辺りの
約5年間のディスコを取り巻く全ての話。

当時の様々なクラブのDJ達のチャートや、
貴重な写真が乗っている。

今で言うクラブな、昔のディスコを知りたい奴には
喉から手が出るような本だ。

ちなみにDanny KrivitもFantastic!と絶賛していた。

チェ~ック!!!
スポンサーサイト
2010-02-28(Sun) 22:07 Release | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100227]
ちょっとした用事があって久しぶりに蒲田に行って来た。
とっとと用事を済まして10代の頃バイトしてた東口に向かった。
かなり歩き回った。京浜の向こうまで20年ぶりに。
思った通りかなり変わっちまっていた。

当時、俺は観光目的で1カ月の予定で帰国していた。
高校時代の友人の吉祥寺にあったアパートに居候しながら、
週5で蒲田にバイトにいっていた。
しかし日本で好きな女が出来て1ヶ月の滞在が、
一年になってしまっていた…

貧乏だったが、毎日がスリリングな勉強な日々だった。
2人一組でトラックでスーパーとか、ドラッグストアーに
洗剤とか歯ブラシとかいろんな物を配達してた。

五反田、大森、荏原…
かなりあの辺は細かく行ってたんで今でもよく覚えている。
中央線沿いとはまた違う、独特ないなたいコミニュティ感があって、
好き者にはたまらない街だ。

俺が俺に成っていく過程で、
あの時代にあの街で養ったものはデカい気がする。

蒲田はいつも蒲田らしく存在しているSLICKないなたい街だ。

とにかくノンビリ歩き回った。
飯はなんとなくあるいてるうちに目に入ってきた白い建物
東邦大学近くにあるrestaurant BUONOでカレーを食った。

今まで食べたカレーとは違う独特な味でかなり美味かった。
周辺のカレー好きはチェックすべき。

次回は大森で降りてみようと思った。

100121_1327~0001
2010-02-27(Sat) 12:11 Days | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100220]
090507_0305~0001

BBJ.D.Cのコンドウくんから長らく連絡がなかったメタルクラブの情報が送られて来た。

開催日は2/20(土)らしい。
場所はDJロジャーの渋谷にある店「ターンテーブルラボ」らしい。

基本的には三宿のメタルバー「ブラックモア」を知ってれば、
ゆるりとカジュアルなあのノリな感じでミニパーティになるようだ。。

かなり仕切りも低くアットホームな感じになりそうだ。
メタル、ハードロックもヒップホップ位好き者はこっそり来れば楽しめるだろう。

しかしお店が狭いので、満員の場合は入れない可能性あり。
それを承知で来るやつは来るべき!?
2010-02-20(Sat) 18:04 Party | TB(0) | コメント(0) | 編集 |
[20100220]
080416_0519~0001

今日は久々に眼科に行ってきた。
病院の患者さんを見てて想った。

数日前目の軽い霞みを感じて、手帳を振り返って見たら
一年近くほったらかしていたことに気付いた。

そんな訳で不安な気持ちで朝っぱらから、長い待ちを我慢しながら検診してきた。

いろんな感じの人がいた。
俺はただなんとなく目が霞んだから、視力が落ちたか?
なんてノンキな気持ちで待ってた訳だったんだが、
回りは結構シビアに眼帯を付けて待っている人や、
真剣な表情で1分1秒を待ってるような、
重い理由で診断を待っている間っぽい人なんかもいた。

老人から子供まで様々なひとが約30人午前中の早い時間から待っていた。

個々各々置かれた状況、状態、設定、境遇、みんな違う訳で、
同じ検診待ちであの場所にいても、
なかなかやっぱり同じ気持ちになって
それぞれの本当の気持ちを理解することは出来ない。

その人達が持っているシチュエーションにいないと
心では分ってあげたつもりでもやっぱり分からないと思った。

そんな十人十色の患者を毎日ケースバイケースで経験と勘で(治す)施す?
先生達や助ける看護婦、ヘルパーさん達はやっぱり凄いと思った。

何科だろうと、なんて病院だろうと…

人の命に関わる人間は凄いし、何らかのギフトを必ず持っている気がする。

体の不十を与えられた貴重な経験を体感する時間ととらえるのも1つの道。
それを自ずと望んで体感しているととらえるのもまた別の道。
なんで俺だけ、私だけこんな状態なんだ?と思い
残念な時間を体感していくのもまた人の道。

選ぶのは自身。

今自分が存在する環境を良い体験にするのも、悪い体験にするのも…
心の置き所1つで、一瞬一生は全く違う意味を持つものになる。

どう捉えて、どうより良く自分の為になるか選び生きるかが大事だ。

一回だけの人生って感じで人の一生をとらえれば、
いろいろ不公平だとか、不満が有るとかって話しになるだろうけど、
人の魂のサイクル、巡り方ってやつは一回こっきりじや無い。

肉体を持ってのみ体感する修行をしに、
わざわざ自ら望んで生まれて来ている存在な我々は、
各々の置かれたシチュエーションを最も濃く体感出来るように心掛け、
しかと魂に記録する必要がある。

だからどんな状況だろうと
自分のために前向きに人は前進しなければならない。

といつも自分に言い聞かして、戒めて、励まして、
厳しく迷いそうになると俺は己を引き締める。

人は弱い存在だ。
時として挫けそうになるし、過ちも犯すし、挫折もする。

しかし、自らが自らのゲームの主人公であり、自ずと望み参加したんだから、
悲劇のヒロインや嘆きの主人公に甘んじている訳にはいかない!!

前を向き、重い足跡を残し人生を全うしなくてはならない。

この回を無駄にしない為に…

って書いても、やっぱり1日の終わりにその日の出来事を振り返ってみて、
こんなんで良かったのかよ?全然ダメだろ?って自己嫌悪になることがある。

たぶんそれが人間なんだろうな…


諦めず明日を信じて、今日出来なかった部分を明日の課題にして、
みんな繰り返し生きているんだと思う。

戯言だな…
2010-02-20(Sat) 18:00 Days | TB(0) | コメント(3) | 編集 |
[20100220]
年末に沼津漁港にある『魚河岸しぶき』に新鮮な海鮮物を食べに行ってきた。

091230_1919~0001

熱海まで行く新幹線の自由席は、年末ってのもあってずっと満席120%って感じだった。ギュウギュウに詰め込まれた状態でふと前方で立ってる客の女を見たら、なんと車両の真ん中の通路ほぼ中央の9番あたりで、たるそうに堂々と立ちながら弁当を食っていた。今時の女は恥じらいとか、マナーとか考えないのかな?と思った。驚いたがとりあえず俺に迷惑な感じではないからと自分に言いきかして、風景としてやり過ごした。
もうひとり迷惑な、iPodの音のデカいバカ野郎がいたのは気になったが…
必死に小さいゲーム機を、視界5センチで変人のように集中してやってるリーマンもいたりしてた…

100105_2106~0001

日本はこんな奴ばっかりな国になってしまったのか?なんか変だぜ日本人ってな。
なんだか一緒にいて疲れる人が多く感じる。

少し前の世代が上からきつく締めつけられ過ぎてたのか?今のヤングが野放しに去れすぎてるのかはわからないが、明らかに世代分けするなら戦前と戦後位違うのだと思う。そういえば帰りの東海道線でも一騒動あった…満腹で気持ち良くウトウトしてたら、うるさい女の喋り声が突然聞こえてきて無理やり起こされた。すぐさま声の方に睨みをきかすと、アホっぽいおつむの弱そうな20代風見るからにOL女がいた。通路を挟んで俺の反対側にいたそいつは、何を血迷ったか満員な車内でかなりのデカいトーンで電話をかけていた。自己中というか、バカというか呆れた。注意したら“あ、そうですか”みたいな顔して携帯を切った。

なんだかな…

年末最後に嬉しくない駄目人間を続けて見てしまった…これが普通なのかな?
少なくとも俺の普通とは違うピーポーだった。

100205_1210~0001

2000年以降NOと言える日本人は増えたのかも知れないが、勝手と自己主張を取り違えた若者が増えたような気がする。
これが俺のライフチェック2009冬だった。

2009年は連中側のだったかもしれないが、2010年は俺達こっち側のだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


俺は世の中のご意見番では無い。あれこれ聞かれても、俺の狭いマトの中央を射抜くような質問じゃないかぎり声は聴こえない。つまり普通なみんなと同じ人間だ。言いたいことは充分自主的に、言いたいと感じた時に放つて来た。

過去のすでに消化したどーでもいい出来事とか、どーでもいい人間を「どう思います?」って聞いてくるワイドショー好きなBK的子Wopper jr B-Boyがいたりする。

あと新しく入学して来た、いわゆるB-Boy一年生みたいな教えてクレクレタコラボーイが増えてるから、リアルタイムで知らなかったことが気になってしょうがないようだ。

どーでもいいよ、そんな事っていう内容ばかりだった。

俺が質問される多くが、なんとも思って無い、俺の人生に何の取っ掛かりも、興味も無い下らないものばかりだった。
なかなか得てして身を乗り出して答えたくなるような、ビビっとくる質問をしてくる者はいない…
2010-02-20(Sat) 17:55 Days | TB(0) | コメント(6) | 編集 |
[20100208]
100207_2122~0001

昨日はP-Vineのハードディガーなマイメンに誘われて
渋谷のファミリーで良いものを見て来た。
(最初に彼らの存在を知らされたのは
このホームページを作ってくれた無策だった。
俺はそれからずっと彼らのファンだ。)
若いPowerと自信に満ち溢れた若者たちの、
フレッシュな躍動感を同じ空間で共有してきた。

たぶんあれはもし俺らが70年代にいて
当時のファンクのグループのライブを見たら、
同じ感覚を感じたんだと思う。

この時代では想像でしか思い描けないが…
たとえば、ナイトライターズやケイジーズ、
ビギニングオブエンドなどの若き日のライブは、
(日本の今乗りに乗っている)昨日の
マウンテンモカキリマンジャロのライブのようだったのだと思う。
きっとそうだ!!

最近オーストラリアでのライブも大成功させたらしく、
前回見た時以上にデカく勇ましく楽しげにミュージックを奏でていた。
素晴らしかった。

入り口から鷲掴みな上げ上げライブで、
あの場にいれた客は皆ラッキーだったと心底思えた。

ノーダウト!!

ますますデカくなっていくだろう。
今後も彼らの上がりゆく姿と成功を見守りたい。

100207_2119~0001

100207_2121~0001

100207_2121~0002



2010-02-08(Mon) 21:42 Music Life | TB(0) | コメント(1) | 編集 |
[20100207]
昨年の年末渋谷の輸入盤の店でレイのヌウ~シエッを買いに行ったら
“アナログは出る予定は無いみたいですね。”と言われて、
ずいぶんクソな時代になっちまったなって嘆いていた…

そんな感じですっかり忘れていたら
今日吉祥寺UNIONにレイの探していたアルバムのアナログがあった!!

即ゲット間違い無い。
やつぱりどうせ買うならデカいジャケットのアナログで欲しいわけだ。

誰でも知ってるとは思うが、もし知らないビギナーがいたら、
レイクウォンの一枚目をPCで検索して聴いたほうが良い。
間違い無いから。

あともちろんパートナーインクライムな
GUY吉鋼鉄マン トニースタークス a.k.a ゴーストも忘れちやいけない。

いまだに俺的にリリースがあれば気になるベテランなわけだ。


100206_1801~0001
2010-02-07(Sun) 16:04 Music Life | TB(0) | コメント(2) | 編集 |
[20100207]
昨日は挨拶がわりにいっもコノヤロ~と言い合う、
リトルジェントルマンくぼたタケシと、
新しく始めるイベントのミーティングを渋谷不二家でやっていた。

フォーティーズになった2人だから出来る、
又やる意味があるイベントにする予定だ。

たぶん4月から2ヶ月おきにって感じだな。
今年は俺もクボタケもミックスを多く出してくから…

ユノウ?って

100204_1718~0001-0001
2010-02-07(Sun) 15:57 Music Life | TB(0) | コメント(0) | 編集 |


copyright © 2005 Bobo James all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


Info


D.L a.k.a. BOBO JAMES
『OOPARTS(LOST 10 YEARS ブッダの遺産)』
2011年5月11日発売

定価¥2,415(税抜¥2,300)
BACA-27 
Iかつてデヴラージと呼ばれた漢、D.L a.k.a. BOBO JAMESによる極上のサンプリング・ミュージック。「You can let the good man down.」と昔の賢人が言っていたように、良い曲を眠らせておいてはいけない。これらは強い意志を感じる言葉以上のものが込められたトラック群だ。昔から聴いてきた感覚を覚えつつも、これからも聴かれ続けていくであろう、何年たっても色褪せない、いつの時代にも通用する作品力のある全17曲である。正にどこを切っても真っ黒なD.L / GROOVE & BEAT / ブッダ印のオーパーツ。今年リリースされるILLDWELLERSの到来を期待させる…。BY FAR THE ILLEST !! D.L a.k.a. BOBO JAMESのソロ第3弾、ここに登場。

収録楽曲:
1. SUGINAMI UNDERGROUND
2. SADWINGS OF DESTINY 3:10
3. STARGATE
4. 首都高(YOUR WAY,MY WAY NO EQUAL)
5. TOP OF SUGINAMI
6. BATTLE FIELD
7. YOUR LIFE(ALL RIGHT)
8. 零戦
9. SUNDAWN(THROWDOWN)
10. CENTERLINE
11. GALAXYLADY(MY BABY)
12. ACROSS THE 142 ROOSVELT AVE.(FLUSHING THEME)
13. POWER CPU(LET IT FLOW)
14. GAMBLER’S THEME
15. TAKUNOVA
16. LET THE MUSIC PLAY
17. PRAYER


2011年、日本はまた再び「病める無限のイルマティックなブッダの世界」に引きずり込まれる... これはその予兆


D.L presents : Official Bootleg Mix-CD
"ILLDWELLERS" g.k.a
ILLMATIC BUDDHA MC'S
Mixed by MUTA

Now on Sale! ¥1,890 (tax in)
CUTTING EDGE/CTCR-14702
[official HP]

90年代の日本語ヒップホップを代表する"無敵の3本マイク" ブッダブランドのD.L選曲による、ブッダ/D.L関連公式ミックスCD。「人間発電所」や「大怪我」、「DON'T TEST DA MASTER」などのブッダの代表曲はもちろん、"ミドリの五本指" NIPPSとSILENT POETSのドープな「NINE9」やNIPPSのソロ「GOD BIRD」など、初めてブッダの"病める世界"に触れるビギナーもコアなマニアも納得の、D.L完全監修の公式ミックスCD。ミックスはJUSWANNAのDJとして活躍したMUTAが担当。

●D.Lコメント 今回このMIX-CDを出すことになったきっかけはDJジキルからの電話だった。ジキルから出来の悪い変なブッダのMIX-CDが半ばオフィシャルな状態で勝手に出されてると教えられ、それを渡された。
ジキルは元々ブッダのMIX-CDをいつかやりたいと考えてくれていたらしく、もっといいものを作る自信があるからオフィシャルな物を一緒にやりましょうと言ってくれた。
だがしかし、いろいろな事情によりジキルで出来なくなり、CQに相談したところ、「JUSWANNAのバックでDJをやっているMUTA (ムタ) と言う名の腕も人間的にも凄く素晴らしい若者がいるから、ヤツを強く推薦したい」と言われ、MUTAと作ることに決めた。とにかく変なもんをブッダのファンが掴まされないためにオフィシャルを作らなければならないと思わされた。
肝心なこのミックスの出来の感想としては、(俺的にはすでに聴き飽きてた曲もあったのが本心だったが) 新しいミックスになって、まるで別ものに聴こえる曲もあり不思議な気持ちだった。
俺が細部に渡り考えてミックスを頼んだ楽曲たちの構成以上の、ムタによる罠が仕掛けられてあり、きっと聴いた者は、2011年にまた”病める無限のイルマティックなブッダの世界”に引きずり込まれる。
D.L formaly known as DEV LARGE

●オカモトレイジコメント
これを聞いたら知ったフリどころじゃ済まなくなるぜ? オマエもこの気持ちよさにやられちまいな! オカモトレイジ (OKAMOTO’S)


●収録内容:全22曲18トラック
1. THEME OF BUDDHA BRAND pt.1/BUDDHA BRAND
2. ILLSON/BUDDHA BRAND
3. 大怪我 (ILL JOINT STINKBOX)/大神 (BUDDHA VS SHAKKA)
大怪我3000/BUDDHA BRAND
4. ILL伝道者 (VERSION SPIT FUNK 無敵の3本MIC)/BUDDHA BRAND
5. KRUSH GROOVE 3/BUDDHA BRAND
REMIX (KRUSH GROOVE 4) featuring RED EYE DARUMA,BUDDHA FACE KILLER & MEDICEN MAN/BUDDHA BRAND
6. BEAT DOWN -LOST TAPE FROM '92 MIX-/DEV LARGE feat. CQ, NIPPS a.k.a. ILLMATIC BUDDHA MC'S
7. NINE9/HIBAHIHI+SILENT POETS
8. ISLAND/NIPPS
9. GOD MOUTH (GOD BIRD pt.2)/D.L
GOD BIRD (album mix)/NIPPS feat.KB, XBS, GORE-TEX, DEV MOB X
10. DON'T TEST DA MASTER featuring NIPPS, LUNCH TIME SPEAX/BUDDHA BRAND
11. この指止まれ feat. CQ/DABO
12. PARTNERS IN CRIME feat. PUNCH LINE BB, XBS, GORE-TEX/NIPPS
13. KIKITE (Lefty) feat. K-Bomb/D.L
14. VENOM 2002 (pt.1) feat. TWINKLE, EMBRYO, BIGZAM, GORE-TEX, MONEV MILS/NIPPS
VENOM 2002 (pt.2) feat. TWINKLE, EMBRYO, BIGZAM, GORE-TEX, MONEV MILS/NIPPS
15. 湾岸ドライブ feat. CQ+DEV LARGE/刃頭
16. 鋼鉄のBLACK/D.L
17. MANIFEST (粉骨砕身)/D.L
18. 人間発電所 (CLASSIC MIX)/BUDDHA BRAND




ABSOLUTELY BAD
日本語ラップ黄金期セレクション外伝
Compiled By DJ BOBO JAMES a.k.a, D.L.

Now on Sale! ¥2,300 (tax in)

『今回我が社BADNEWSから発売されるシリーズ第3弾となる本コンピは、前2作品からさらに視野を広げた、2000年前後の作品を中心とした幅広いセレクションになっています。それぞれ選ばれた楽曲は、大ヒットこそしていないものの、どこか忘れがたい普遍的な光を放った楽曲であり、“正に痒いところに手が届く”感のある選曲に仕上がっています。再評価され、後々ネクストクラシックとなりうる名曲が詰まった、いなたい一枚に仕上がっています。D.L本人も3作目にあたる本作が「今までで一番フラットに好きな曲を選べた。出来れば次も造りたい。」と話しており、“古きを知り新しきを知る”本コンピは、まだまだ続く予感のする気の許せないシリーズであり、ビギナーからセミプロまで日本語ラップを熟知する上でけして目がはなせないものになっています。』謎のバッドニュース・スタッフ(談)

良質なジャパニーズ・ヒップホップの作品を後世に残すべく、D.L.独自のセレクションで、レーベルを超え、メジャー、マイナー問わず、収録したコンピ・シリーズの第三弾。懐かしいあの曲から、今となっては廃盤となってしまったあの曲までお宝満載!10年後、20年後も残る作品をピックアップし、再び盛り上がり始めているジャパニーズ・ヒップホップ・シーンにとっても重要な役割を果たしている。
選曲者D.L.は元ブッダブランドのリーダー、2000年にリリースしたベスト盤は20万枚を超える。収録アーティストはJポップ・シーンにも幅広く知られているスチャダラパー。先日10周年を迎え、豪華3枚組ベスト盤も好調なニトロマイクロフォンアンダーグラウンド。Mフロー/テリヤキボーイズのバーバルとのビーフでこの春のちょっとした騒がせ者、シーダ。いまや問答無用、ザ・ブルーハーブからボス・ザ・MC(イルボスティーノ)。現在もDJとして評価の高いクボタタケシのグループ、キミドリ。6月にRINO&DJ YASで新作を出した二人のLAMP EYE時代のデビュー作で今は廃盤の曲も収録。リノ、ツイギーとともに日本の名ラッパーの一人で、D.L.同様、元ブッダブランドのニップス。またイルテクニクスやカッツ、トージンバトルロイヤルなど無名だがカッコいい作品から、スライマングースやハローワークスのベーシスト笹沼位吉の参加していたジャズファンクバンド、クールスプーンやブレイクビーツ・ユニット(現在は下田のソロプロジェクト)サイレントポエッツなど他ジャンルと日本語ラッパーのコラボレーション作品も収録。

●収録アーティスト
Seeda, Silentpoets, キミドリ, 刃頭, Ill-Bosstino, DJ PAT→504, Suiken, M.O.S.A.D, Nipps, Cool Spoon, Lamp Eye, Illtecnix, Illmatic Buddha Mc's, Tetrad The Gang Of Four, Tojin Battle Royal, スチャダラパー, Kutts etc...



MELLOW MADNESS
日本語ラップ黄金期セレクションズ
Compiled By DJ BOBO JAMES a.k.a, D.L.

Now on Sale! ¥2,300 (tax in)

この気持ち良さに抗えるか?
イルな精霊が舞い降りた目線が遠くなるクラシックス。
ホンモノに賞味期限はない!
(大阪府在住40歳左官職人)

このトラックの気持ち良さにやられちまいな!
一回り以上した日本語ラップシーンにおいて黎明期よりクラシックを連発し、重要作品に爪痕を残してきたD.L.による日本語ラップ再発見の旅。何年先も残るであろう、聴かれるべき名曲が、レーベルを超えここに集結。
日本語ラップのハードな一面をコンパイルした前作『HARD TO THE CORE』とは違った側面からセレクトされた今回の楽曲は、この殺伐とした時代に安らぎを与えてくれるメローでスムースな聴きやすいものが中心となっている。自身も作る楽曲において気持ち良さを追求してきたD.L.が、よりDJ的な視点で、朝~昼~午後~夕方~夜~真夜中を選び抜いた16曲で演出する。

●収録アーティスト
Buddha Brand,YOU THE ROCK,TWIGY,RIP SLYME,スチャダラパー,HELL RAISER CARTEL,TWINKLE,IQ∞,ECD,キミドリ,SOUL SCREAM,MURO,KAMINARI-KAZOKU,PRIMER,MELLOW YELLOW,キエるマキュウ,KASHI DA HANDSOME,SUIKEN,S-WORD,P.H.FRON etc...



HARD TO THE CORE
日本語ラップ黄金期セレクションズ
Compiled By DJ BOBO JAMES a.k.a, D.L.

Now On Sale! ¥2,300 (tax in)

ヤワなコンピは木っ端微塵!!
これを聞けばニセモンコンピは 恥ずかしくなる!!
(中野区主婦32才)

レーベルの枠を超えギッシリと詰まったシビレる一枚!
常人では到底乗り越えられない壁をぶっ壊してきた日本語ラップの伝道者 DJ BOBO JAMES a.k.a D.L.の選曲で贈るスーパーハードな 日本語ラップ・コンピレーション。キーワードは温故知新。 まさに10年後20年後に残せるタイムカプセルだ!!

●収録アーティスト
Buddha Brand, Microphone Pager, KAMINARI-KAZOKU., King Giddra, RHYMESTER, Soul Scream, LUNCH TIME SPEAX, UZI, Kenta5ras, 秋田犬どぶ六, Maccho, 餓鬼レンジャー, KAN, PRIMAL, O2, 太華, SHINGO☆西成, MEGA-G, メシアTHEフライ, SATUSSY, ERONE, HIDADDY, 志人 etc...

Calendar
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

Comments
Track Back
Search
RSS Feeds
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。